トップへ

自動車事故による脳損傷の重度後遺障害者専門病院です。患者の皆さまの社会復帰を願い、安全で優しい医療と看護を提供いたします。

岡山療護センターイメージ写真

療護センターのご案内

施設概要

岡山療護センターは、入院患者様の社会復帰の可能性を追求しながら、適切な治療と看護を行うことを目的とする脳損傷の重度後遺障害者専門の病院です。

当療護センターでは、患者様のわずかな意識の回復の兆しをもとらえ、効果的な治療及び看護を行うため、病棟に病室の仕切りを最小限にしたワンフロアシステムを取り入れ、集中的に観察できるようにしています。さらに、ベッドの間隔、訓練場、浴室などのスペースも十分に確保しています。

また、患者様の回復に向けての環境づくりとして、季節や1日の移り変わりが感じられるように、大きな窓のそばに全てのベッドを配置するとともに、日光浴、緑地の散歩などが行えるようにサニーテラスや緑地が設けられています。

患者様に対し、よりよい治療と看護を行うため、全てのベッドサイドに医療パネルを備えています。

看護方式は同じ看護師が一人の患者様を継続して受け持つプライマリー・ナーシングを導入しています。

岡山療護センター全景
  • 所在地          〒700-0927 岡山県岡山市北区西古松2丁目8番35号
  • 設置・運営    独立行政法人自動車事故対策機構
  • 運営委託       社会福祉法人 恩賜財団 済生会 支部岡山県済生会
  • 病床             50床
  • 診療科          脳神経外科、精神科、麻酔科、外科
地図